お墓は安心して眠れる場所

壁と天井が曲がって見えるのが気になります

地元のビルダーで木造の家を建てて、半年経ちました。

 

おそらく問題はないだろうとは思うのですが、住み始めてからどうしても気になっていることがあります。話題になっています!設計事務所 神奈川でお調べください!

 

それは、天井と壁がきっちり垂直の関係ではなく、多少ゆがんでいるように見えてしまうことです。

 

現場で人が柱と板と釘で作っているものなので、寸法が1ミリもずれないというレベルまでは求めてはいません。詳しくはこちら→神奈川 建築設計事務所をクリック!

 

でも、やはり天井と壁は、キッチリ90度になっているのが基本だと思うのですが、なんとなくそんなふうに見えないのです。

 

確かに新築の壁や天井は、木なので暴れることがあるだろうとは思います。気になる情報神奈川 デザイナーズ住宅で、お調べ下さい!

 

それでもやっぱり、「他の住宅もこんなふうに見えたりするのかな?」と、改めて疑問に感じました。

 

そこで友人の家に遊びに行った時に注意して観察してみたのですが、友人の家には、廻り縁が施工されていたので、壁と天井の取り合い部分がどうなっているのか分かりませんでした。夢をカタチに神奈川 設計事務所なら安心です。

 

 

うちは廻り縁がないから違和感があるのでしょうか。知って納得の神奈川 建築家今すぐ、こちらまで!

 

不思議です。